サボテンに通じる
金魚と錦鯉の世界
Thailand


サボテン趣味家が語る 
 金魚と錦鯉のルーツとその交配,増殖などはサボテンのそれとよく類
似している。その原産国は両方とも中国である。1種の特殊な金魚
を交配固定させるのに100年かかるといわれている。つまり、親子
孫で3代かけて作られたといわれる。中国人ならではの話だ。日本
へ持ち込まれたのは江戸末期,その優美な姿に当時の藩主達がこ
ぞってその増殖を推奨、(サボテンのそれと類似 同時期) 優美で
可憐な金魚が次々と作出されていく。当時、それらの鑑賞は陶器の
鉢に入れた為、上から見ることが条件、優雅に泳ぐこと、背びれ尾
びれ胸びれが美しく見えることなどが交配の目的とされた。現在,数
多くの種類の金魚が作出されているが、その約半分は日本で作出
されたものである。なかでも、三大希少種とされている難物種は天
然記念物に指定されていて,愛好家達によって手厚く保護されてい
る。 (愛知の六鱗、島根の南京、高知の土佐金 下に紹介)   

又、錦鯉は学名 Cyprinus carpio var, 現在、文化的価値が非常に
高く日本の国魚とされている。原産国は中国だが素晴らしい色上が
り優美な姿態は抜群で、そのほとんどが日本で作出されたものであ
る。その産地は寒暖の差,きれいな水の新潟の山間部、山古志、小
 千谷が有名であり、数多くの愛好家の団体があり活躍している 。   

ここで本題に入るが、これら日本固有とされていた趣味嗜好の文化
が知らぬ間にアジアの Thailand で想像以上に進化していて,愛好家
の団体も数多く驚愕に値する。世界的な不況のなかにあって一部で
あるとは思われるが,趣味嗜好に対する考えが日本の戦後を抜け出
した時期にダブル。これは、サボテンの世界にも通じることで日本人
 の私としては少々昔年の気がする。贅沢ともいえる趣味嗜好に手を  出すことにより富裕層に参入したとの錯覚に陥り、ブームがブームを
呼ぶ。いずれにしても、好景気の裏返しで結構なことだ。私は思う。
四季のある国が四季のない国に負けるのか?サボテンしかり・・・・・
       

金魚の三大希少種 (日本・天然記念物指定)

共通していることは全て尾びれが反転 前に進むことが困難 体全体を使って泳ぐ

”六鱗” (愛知県) 口、頬、背びれ、腹びれ、胸びれ、尾びれ の六ヶ所に紅が入る 
尾びれが左右に開き前進が困難
”土佐金” (高知県) 尾びれが反転 前に進むことが困難 
”南京” (島根県) ランチュウとは別種 清楚な姿 最も飼育困難
夏の飼育は毎日の水替えが必要 

”Thailand” に於ける 金魚及び錦鯉の飼育 

上の天然記念物”六鱗”が大量に作出されている。信じられない! 
 同じく”土佐金” 同じく”南京”もっとも飼育が困難”
 以下、日本でもお馴染みのランチュウ 肉腫がよく出ている。お目目が見えない
背中がきれいなカーブを描く ことが条件
 六鱗を思わせる紅(珍品) 江戸錦の改良型か? 
 文句のつけようのないランチュウ 江戸錦の突然変異か?愛嬌のある顔 
 これもきれいな背中のカーブ 東南アジアでは黒系が人気がある 
オランダ獅子頭 丹頂タイプ 驚くような頭の肉腫 
オランダ獅子頭 更紗タイプの素晴らしいもの 
 キャリコタイプの獅子頭 東南アジアの人気種 黒タイプの獅子頭 
 キャリコタイプの獅子頭 すばらしい! キャリコの改良タイプか?美しい! 
変わりもの 中国産のパンダ金魚 これは見事!
珍品 パンダの獅子頭  見事なパンダ金魚 
 究極の変わり金魚 三色の琉金として Thaiwan から発表 見事!
 
   
 日本の天然記念物 アルビノタイプの
土佐金
日本の天然記念物 六輪の改良タイプ 
ランチュウと江戸錦との交配か?  ランチュウと江戸錦との交配 
なんとも面白い柄のランチュウ(Thaiwan) 
 ランチュウと江戸錦の交配(Thaiwan) 
   
白黒透明鱗のキャリコ なんとも面白い改良された水泡眼
コメットの改良型か? 
 選別されたランチュウ 可愛いですね  選別されるランチュウ等
日本では水深15センチぐらいで飼育
ランチュウの品評会にての優勝者
若くていいですね!(Thailand) 
 展示即売場 凄いですね!
日本ではすでに見られない (Thailand)
錦鯉のオークション(Thaiwan) 若い年齢層がすごい! 
金魚すくいではありません (1匹数万円) 超高級車(Benz AMG)でオークション参加 
改良新作された”めだか” 
改良された”めだか” 楊貴妃三色錦透明鱗めだか 最高価格(10万〜30万円)
三色錦めだか  青ラメみゆきめだか 
 アルビノみゆきめだか 青みゆきめだか 

錦鯉の部(泳ぐ宝石と言われる)

 まさに泳ぐ宝石 見事な紅白と鼈甲 
 典型的な稲妻紅白 典型的な三段紅白 
はっきりとした紅白と秋翆  浅黄の光もの 見事! 
 うつりもの 緋うつり  黒丹頂ドイツ鯉 希少
バランスの良い浅黄   うつりもの 緋うつり
昭和三色の変りもの  黄金ドイツ鯉 (海外で人気)
珍しい べっ甲  うつくしい張りわけ黄金(プラチナ)
 私が往年探し回った希少鯉
”みどり鯉” どうしてThailand にいるの?
紅 黄っこく竜
以下、進化した私の好きな光もの 
あい衣 張りわけ  紅 黄っこく竜 
紅 黄っこく竜  紅 黄っこく竜 
変わり張りわけ   紅 黄っこく竜
 黄金張りわけ  黄金張りわけ
 黄金黄っこく竜 あい衣張りわけ 
紅 黄っこく竜  紅 黄っこく竜 
黄金張りわけ   私が欲しい 緑鯉
九文流   禿白(はげしろ)
 どうしたらこんな巨大な錦鯉が出来るのだろう?しかも、鮮明な色彩
 Thailand の養殖池
当地は伝染病対策(ヘルペス)は完璧か
Thailand の展示即売場 
Thailand は巨大魚の捕獲でも有名