四国が誇る 牧野植物園
4月24日 新温室がオープンしました!
建築面積/1153.61平方メートル 述床面積/1185.56平方メートル 構造/鉄骨一部RC造 高さ/14〜16.5メートル
ペレットボイラー/50万kcal/h ガラス/網入りガラス、透明ガラス

植物学者 牧野富太郎 博士 (1862〜1957)


牧野富太郎博士は、1862年(文久2年)4月24日、現在の高知県高岡郡佐
川町に生まれました。土佐の豊かな自然に育まれ、幼少から植物に興味を
持ち、独学で植物学の研究を続けました。22歳で上京し、東京帝国大学理
学部植物学教室で植物分類学の研究に打ち込む機会を与えられました。1
887年に友達と<植物学雑誌>を創刊、同誌上に共著で記載したヤマトグ
サは日本国内での最初の新種発表となります。94年の生涯において採取し
た標本は、約40万枚、新種や新品種など約1,500種類以上の植物に命名し
、日本植物分類学の基礎を築いた一人として知られています。東大講師辞
任後1940年には、現在でも研究者や愛好家の必携の書である<牧野日本
植物図鑑>を刊行、地域の要望に応じて全国を巡り、土佐人らしい陽気で
気さくな語りで人々を魅了、植物を知ることの大切さを一般に広く伝え、数多
くの啓蒙書も残しました。1953年に東京都名誉都民。没後、文化勲章受賞。

(牧野植物園パンフレットより)

龍馬と牧野博士 ゆかりのミヤマキリシマ


龍馬とお龍が新婚旅行で訪れた九州霧島の高千穂峰。二人が眺めたツツジ
、ミヤマキリシマの情景。ミヤマキリシマは、牧野博士が学名を発表したゆか
りの植物でもあります。そんな土佐出身の二人に縁のあった九州原産のミヤ
マキリシマを展示し、連絡道の展望台から美しく咲く様子をご堪能ください。あ
わせて野生ツツジや園芸品種の盆栽なども展示します。
龍馬とお龍が眺めた九州霧島の高千穂峰、牧野博士が命名した群生するミヤマキリシマ、その時の
情景を再現しました。展望台から貴方は龍馬に、貴女はお龍になって思いを馳せては如何ですか。
今回のオープンに合わせて弊園の”乾燥地植物”を納品してきました
格式のある入り口の表示看板 納品時は突貫工事中でした
1) Welwitschia mirabilis 奇想天外 2) Welwitschia mirabilis 奇想天外
3) Pachypodium densiflorum var, brevicaryx  4) Euphorbia fusca フスカ
5) Degitostigma カプト・メデューサ 6) Sansevieria エレンベッキー
ブルーフォーム
7) Sansevieria サムライ・ドアーフ 8) Pachypodium namaquanum 光 堂
100年に一度開花すると言われる竹が結実していました。Melocanna という品種で中国から46年前に導入して
今年3月に初めて開花したそうです。なにか幻想的な雰囲気です。
竹は一度開花すると親竹は死滅するそうです。
その種子は膨大な数で落下し、そのままの状態で発芽する。