Little Solilquy

ちっこい つぶやき


        日本の宗教界がよく解らない

 日本人独特の発想に、困った時の神頼み・・という諺がある。
日本の宗教は他の国に比べると実におかしい、いやおもしろい。私は宗教家でも学識者でもない。どちらかといえば無神論者です。あることがあって少し調べてみた。

日本では宗教の自由が認められていて、これが世の功罪に左右されているような気がする。
日本は神道と仏教の信者が大多数を占めている。宗教統計調査によると神道系が約1億700万人、仏教系の信者が約9,800万人、神道系と仏教系だけで2億人近い数になる。日本の総人口の2倍弱の信者数となり奇妙な結果となります。この要因としては日本古来の民俗信仰の基盤の上に、自然風土の中で培われた年中行事や、祭礼などを通じて多くの日本人が初詣で、あるいは季節の祭りを神社で行い、江戸時代の寺制度の影響で、葬式やお盆などを仏教式で行うなど複数の宗教にまたがって儀礼に参加している。例えば、神棚を祀っている家庭には仏壇があることが多く、仏教寺院の檀家であると同時に神社の氏子でもある家庭が多い。神道と仏教はその機能を分担して担っており、両者を合わせて一つの宗教観を構成しているものといえる。
神道とは、
日本国民の総氏神は伊勢神宮の天照大御とされ、以下、七つの神話からなる。
1) 国生み 2) 黄泉の国 3) 天の岩戸 4) 八保の大蛇 5) 稲羽の白兎 6) 国譲り 7) 天孫降臨
仏教とは、
釈迦、ブッタの教えでアーリ人のバラモン階級が普及させた輪廻転生の思想に対する宗教改革として発生しているようです。伝統的な七つの宗派があり、天台宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗 があり在家得度を受けて正式な仏教徒となったり出家得度をしてお坊さんになったりします。いずれも厳しい修行を伴う。金峰山修験本宗総本山金峰山寺の大峰山を75`を5泊6日で歩く大峰奥駈修行は有名。
問題は第三の宗教”新宗教”である。
創価学会、天理教など巨大化した団体もあれば未だ記憶に新しい殺人団体オウム真理教、エロ団体の統一教会、ザイン、集団暴行事件の紀元会など危険集団も数多く後を絶たない。

私が老いた母と同居する為に平成8年8月に帰郷した。その母の実家の真ん前に”宗教法人 眞乃道教本部教会”なる建物が鎮座している。私が帰郷して一週間ほどした後の夜中の11時頃、いきなり”犬の鳴き声がうるさい、常識を考えろ!”と怒鳴り込んできた男がいた。松山は怖いところだな、と翌日、調べてみたらこの教会の教祖さんの娘さんに養子に入ってきた入り婿とのこと。この洗礼を受けてから15年間の憎悪関係が始まる。教祖さん本人とは挨拶をさせてもらいましたが、いかにも宗教家らしい温厚な方でした。この方が亡くなり、その男の奥さんが亡くなってからは我が物顔で一段とエスカレート、道ですれ違うたびに”犬をなんとかしろ、うるさい、庭木の落ち葉を毎日掃除しろ、挙句に果てに、お前は近所迷惑だ!” 近隣の揉め事は流血を見ないと収束しないといわれるが15年間よくぞ絶えてきたものだ。誰かこの男に説法してくれませんか。
近年、宗教界にも異変が起きているといわれる。祖先の墓を返納するという”寺離れ”が目立ちその経営、管理能力が問われている。又、ある神社に於いてはお守りをインターネットで販売しているという。神様の尊厳性を損なう非常識な行為だ。普段は信仰心のかけらもないくせに正月が近づくにと勢いお布施行為に走り出す。こういった営利主義が宗教界に浸透している限り、現代っ子の氏子、檀家の数は減少の一途を辿るのではないでしょうか。
因みに、私の父は中島町長師にある真言宗真福寺の長男に生まれる。世が世であれば私も・・くわばらくわばら
追伸、
今朝、NHKのニュースを観た。現在、大変な状況になっている東北地方、東日本大震災。雪降りしきるガレキの上を素足にワラ草履履き、薄い袈裟着姿の一人の若いお坊さんが止まることなく走り廻りお経を唱えている。薄いワラ草履履きのその足は真っ赤に腫上がり血がにじんでいる。見かねて取材記者が声をかけた。その足、痛くありませんか?なに、これしきのこと被災者のことを想えば屁のカッパです。一日麦飯一杯に塩一掴み、昼夜を問わずガレキと海に向かって鎮魂の般若心経を唱え次の被災地に向かって走り去った。行方不明者を探す通りがかりの人が一緒に手を合わす。施しの尊厳を見たような気がした。

東日本大震災 TOMODACHI (トモダチ)作戦 
1,000年に一度といわれる広範囲にわたる未曾有のM9大地震、最大高さ駆け上がり38メートルを超える大津波、加えて原発の崩壊事故、尊い人命と財産を一瞬のうちに奪い去った。被災を受けた方々に心よりお見舞い申し上げます。
全国、全世界から多数のお見舞いとご支援を頂いておりますがその中でもアメリカ軍による物量支援(トモダチ作戦)には驚いた。しかし、日本人の悪い癖だと思うが必ず素直に認めようとしないカルト集団が現れる。
たしかに、半分は善意で半分は情報収集目的が任務なのでしょう。当初、中国が救援隊として15人のメンバーを送り込んできたが、これは全て情報収集が目的だったといわれる。(有事の際の自衛隊の動き、機動能力、アメリカ軍の物量内容等) そのアメリカ軍の善意の救援を行った部分は日本でほとんどニュースになっていない。アメリカに対する反分子である管政権を初めとして、サンケイを除く全ての報道機関がニュースを伏せた。何故か?中国の圧力か、それに恐れる臆病な日本政府のせいか、沖縄が怖いのか、朝日と琉球新報は物量を示すパフォーマンスだと決め付ける。
あえて私はこの善意の救援と信じるニュースの部分を抜粋してみた。
その1)
3月14日、青森の在日米軍三沢基地に居住する兵士の家族がいち早く動いた。被災にあった幼児向けのミルク、パンツ等を大量に集め被災地に送った。(サンケイ報道)
その2)
空母 ロナルド・レーガンから多数の救済ヘリが食料などの物資を満載して飛び立ち、孤立した被災地を目視で探し出し、
日本側の了解なしで救援物資を送り込んだ。その時のヘリの操縦士と上官のやりとり、
兵士)着陸許可ください。サー
上官)危険だ、許可できない、だが緊急着陸ならしかたないな、そっちの風は強いか?
兵士)かなり強いです、サー
上官)そりゃあ危険だ、風で墜落する前に着陸しろ、ついでに腹を空かした子供達に食料を配ってやれ、
兵士)サー、イッヱさー、
これらの行為に対して日本の辻本補佐官は、事前協議なしでの着陸は安全を無視した行為だとして米軍の救援活動に対して強く抗議する。第7艦隊部隊は現場の裁量が大きい。(写真あり)
その3)
駆逐艦”マステイン”の海軍士官は救援物資が足りなくなり、兵士達全員にロッカー内の私物(下着、靴下、タオル、毛布
)など提供してくれ。と依頼すると大量の数が集まった。士官いわく、お前たちは白人のくせに侍のようだ。(写真あり)
その4)
第7艦隊旗艦”ブルーリッジ”艦のマイク・モーリー少佐が1通のメールを見つけた。”I am a 14-year-old Japan."父親の漁船が津波にさらわれてしまったので、米海軍に力になって欲しい・・・これを見つけたモーリー少佐は手配して海上を漂っている写真を撮った米海軍の僚船と連絡を取り追跡調査の結果、最後に目撃された地点の緯度と経度を彼女にメール、この情報をもとに海上保安庁が発見、父親が引き取りに行った。
その5)
仙台空港は大津波により大被害をうけ使用不能になった。今後どうするか、協議中の自衛官を横目にレーガンを飛び立った大型ヘリが重機を降ろし、あっという間に使用可能にしてしまった。自衛隊航空隊のみなさん、明日から降りてきても良いぞ!(写真あり)
その6)
気仙沼市沖の大島は、日本側の救援隊は沿岸がガレキ化している為、上陸不能で孤立化していた。アメリカ軍のジェフリー・ジョーンズ推奨率いる上陸用舟艇で300人の兵士と重機を送り込み、支援物資の搬入とガレキの処理、遺体の捜索等を行った。引き上げる際に現地対策本部の白幡本部長が島民を代表して感謝の言葉を述べると推奨は”温かく迎えてもらい感謝します。もうすぐ春は来ます。”と述べて立ち去った。日の丸を振って見送る島民たちに推奨は感激したという。
(写真あり)
その7)
三陸沖に展開している強襲揚陸艦”エセックス”内には集中治療室や手術室を完備した同艦は海上最大の病院施設である。米軍側は日本からの要請を待つがついに支援要請は無かったという。被災地では医療施設が壊滅、医師不足で尊い
生命が次々と失われているのに、

あなたは以下の写真を見てアメリカ軍のパフォーマンスとみるか善意とみるか。
少なくとも、不眠不休で働く兵士達の顔は真剣だ。被爆した兵士もいる。みんな誇りを持って救援にあたるという。
自衛隊、米軍は”前例のない”規模の部隊を派遣している。自衛隊は3月27日現在で陸・海・空3自衛官の総定員の半数近い約10万6,900人、航空機539機、戦艦53隻を投入した。一方、今回の支援を”TOMODACHI (トモダチ)作戦”と銘打った米軍の態勢は、陸・海・空・海兵隊 4軍で約1万6,000人、航空機113機、原子力空母”ロナルド・レーガンを含む艦船12隻、だ。特に、海兵隊では移設問題で揺れる普天間飛行場(沖縄)に所属するヘリ部隊などが大々的に支援物資輸送を行っている。今回の大災害に対して自衛隊と米軍は日本侵略の有事に準じる態勢で挑んでいる。このチャンスに情報収集に走り回る中国、どさくさに紛れて南方沖を巡回する海上自衛艦に急接近したり、まさに火事場泥棒的な行為をとり続けている。第二のチベット狙いだそうだが日本を舐めてはいけない。洗脳された管総理、目を覚ませ。(最も当初は小沢元代表が狙われていたそうだが)
現在、沖縄で働く人は8,600人もおり、基地従業員の給与は国家公務員に準じている。基地の地主 3万9,000人には年間、900億円以上の借地料が支払われている。

三陸沖を行く原子力空母 ロナルド・レーガン

駆逐艦ブルブルを飛び立ったヘリにお礼を示す。混乱している時にと機長は感涙。

救難艦セーフガード・ドック型強襲揚陸艦 トーティガ 大量の重機、兵士を運ぶ

ブルーリッジ艦のマイク・モーリー少佐は中学生の女の子からのメールを受け、父親の流された漁船を見つける。
女の子は一生忘れないでしょう

駆逐艦”マステイン”の士官が艦内の兵士達に私物の義援品提供を依頼 大量に集まり士官は感激

使用不能になった仙台空港、協議中の自衛隊を横目に大型ヘリを投入、1日で使用可能に

孤立状態の大島 上陸用舟艇にて180人の兵士と重機を投入 物資の搬入、ガレキの処理、遺体の捜索を行う。
熱烈な歓迎を受け、帰りは日の丸を振って感謝の見送りを受ける。

無人偵察機グローバルフォーク(UAV)活躍 同機が撮影した福島第一原発 放射能漏れを調査測定

強襲揚陸艦エセックス 駆逐艦ブルブル 球難艦(サルベージ)

救難艦セーフガード・ドック型 揚陸艦 ”トーテュガ”の別れの日

藤原紀香が被災地を慰問 何故?私のファンだから・・明るくなって欲しい


海を超えてジャズが結んだきずな

東日本大震災による津波で、ほとんどの楽器や楽譜を失った宮城・気仙沼市の小中学校生ジャズバンド<スウイング・ドルフィンズ>に、アメリカのライブハウスから楽器が贈られ、被災者らおよそ500人を前に演奏を披露した。<日本ルイ・アームストロング協会>の外山会長は<銃の代わりに楽器>を合言葉に、ニューオーリンズの子供達に、760点を超える楽器を贈ってきた。2005年、アメリカ南部を襲ったハリケーン<カトリ−ナ>。ニューオーリンズが壊滅的な被害を受けた際にも、自ら義援金と楽器を届けた。
傷ついた日本に恩返しをしようと、ニューオーリンズのライブハウスが、外山さん通じて被災地のジャズバンドに楽器購入のための支援金、1万1,000ドル(およそ90万円)を贈った。贈られた楽器は、トロンボーンやサクスホンなど14本。今回のコンサートは、これらの楽器のお披露目会でもある。
観客は<どんなつらいことがあっても、笑顔で、めげないことを大人たちに教えてくれた>と話した。


小学生ジャズバンドによる募金活動 リトルチェリーズ

鹿児島の小学生編成によるリトルチェリーズは大西隆さん率いるJAZZのビッグバンド。小学生だけの編成によるジャズバンドは全国でも珍しく、東日本大震災で被災された方や被災地復興のためのチャリティーコンサートを鹿児島市内にて緊急開催しました。

東日本大震災 両陛下、一人一人に励まし 東北被災地訪問

東日本大震災で甚大な被害を受けた東北3県を見舞う天皇、皇后両陛下の<癒しの旅>が27日、宮城県から始まった。両陛下は被災者とひざをつき合わせ、一人一人に声をかけて慰め、励ました。津波で我が家を流された庭に咲いていた黄水仙を摘んできて、皇后様に差し出した奥さんがいた。皇后様は頂いてよいのですか?と気持ちよく受け取られた。又、昼食時に出された料理を見て陛下はこの中にコーナゴは入っていませんか?と聞かれ庶民感覚を覗かせた一面もあった。南三陸町の佐藤仁町長は<被災者の皆さんの笑顔を始めて見た>と感想を話した。6日、岩手の避難所を2ヶ所を見舞われたおり、ハプニングがあった。皇后様がお年寄りの女性の方とお見舞い中、大きな余震があり、その女性がつい皇后様の手を握った。皇后様は
冷静に<大丈夫ですよ>とその手を握り返した。とのこと。
開かれた皇室、国民の痛みを親身に受けられる両陛下、過去を考えれば想像外の事です。